fc2ブログ
御在所岳ロープウエイ②
カテゴリ: 登山
2/9② 御在所岳ロープウエイ②

リフトの中間地点で降りて「カモシカ広場」へ。
上に見えるのはロープウエイ駅とレストハウス。
この季節はソリ遊び(レンタル有)を楽しめるようになっていて、家族連れや外国人がはしゃいでいました。
IMGP1967_20240215222925447.jpg

「国土交通省 御在所雨量レーダ」(現役です)。
IMGP1989_202402152229270bc.jpg

「朝陽台広場」の記念撮影スポット。
御在所岳にはいくつもの登山ルートがあり、山岳会に居た頃にはメンバーが分かれて別々のルートから登る「集中登山」というのがあって、その集合場所がいつもここでした。
IMGP1990.jpg

「僧兵丼」(1日20食限定)。
湯の山温泉の僧兵味噌で炒めた三重県産豚肉をとろろご飯の上にのせたもの。
*「僧兵」とは僧侶の兵のこと。戦国時代に御在所岳の麓の三嶽寺に武装した300人余りの僧兵がおり、織田信長に攻められ焼き討ちされたという歴史があります。毎年
秋には「僧兵まつり」という火祭りが開催されています。
PXL_20240209_022020663.jpg
「白鉄塔ソフトクリーム」。
PXL_20240209_023834591.jpg

下りのロープウエイからの眺望。
画像左には濃尾平野が広がり名古屋駅ビル群が見えます。画像中央辺りが名古屋港。画像右から桑名・四日市とあって伊勢湾を挟んで向こうに知多半島。
imgp2006_2024021522293123c.jpg

「立岩」などの奇岩が見られました。昔たしか岩の先まで上がった記憶が。
IMGP2008_20240215222930cf2.jpg

「カモシカ」を見つけました。
IMGP2015_202402180920325ac.jpg

そして、湯の山温泉「ホテル湯の本」で日帰り入浴。
湯の山の湯に浸かるもの久しぶり、気持ちよかった~。貸切状態でした。
PXL_20240209_033137088.jpg

帰路、四日市駅で途中下車して、ここも久しぶりの「餃子の新味覚」(本店)へ。
メニューは焼き餃子のみのなので、席に座ると注文しなくても餃子が出て来て、1皿目を食べて終えてカウンターに皿を置くと2皿目が出て来るというシステム。昔は桑名店によく行ってましたが閉店、でも先日名古屋店が出来たり、楽天でも冷凍で購入できるようです。
刻みにんにくのタレにつけていただきます。2皿目は牛乳を飲みながらいただきました。
PXL_20240209d.jpg

四日市名物「なが餅」を買って帰りました。
1,550年創業ということは僧兵がいた頃からあるということでしょうか。
PXL_20240209_205513468.jpg


スポンサーサイト



編集 / 2024.02.09 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
御在所岳ロープウエイ①
カテゴリ: 登山
2/9① 御在所岳ロープウエイ①

「雪のあるところ」へ行きたくなって「御在所岳」へ。
自宅(7:30)=市営バス・地下鉄=近鉄名古屋駅(8:19)=四日市駅(8:53)=湯の山温泉駅(9:26)=バス(9:32)=御在所岳ロープウエイ(9:41)。
IMGP1830_20240215215333fb2.jpg

登山や岩登りで何十回と御在所岳へは来ていますが、ロープウエイに乗るのは20歳の頃に観光で来て以来。
1959年に開業。全長2,161m、最大高低差780m、乗車時間15分。日本最大級の規模と言われます。
真っ赤なゴンドラがいいですねえ。
IMGP1847_20240215215336a5b.jpg

中間地点を超えるとロープウエイのシンボル「白い鉄塔」が見えて来ました。
imgp1874_20240215215336402.jpg

真っ白な雪景色を期待していましたが雪はほぼ無かったです。花崗岩の岩肌にはよく見るとつららが下がっていました。
IMGP1883_20240215215339a45.jpg

ロープウエイを降りてリフトに乗り換え。いったん下ってまた上ります。
右側は三重県唯一のスキー場。
IMGP1890_20240215215339ebe.jpg

リフトを降りて久しぶりに踏む雪、サクッ!
IMGP1896_202402152158187cc.jpg

御在所岳山頂!
標高1,212m。一等三角点。三重県と滋賀県の県境。
imgp1903.jpg

「樹氷」の中を歩いて「望湖台」へ向かいました。
IMGP1914_20240215215821346.jpg

樹氷は枝に雪が積もったものではなく、空気中の湿気が風によって木の枝に付着して凍ったもの。
IMGP1916_20240215215821bb5.jpg

青空とのコントラストが良かった。
imgp1918_202402152158497c1.jpg

「望湖台」。
imgp1921_20240215215852936.jpg

伊勢湾と伊勢市・松阪市方面の景色。右の山は鎌ケ岳。
IMGP1922_202402152158526c5.jpg

天気に恵まれて「琵琶湖」もよく見えました。
IMGP1926_202402152158551fc.jpg

振り返ってみる山頂方面。雪景色が見られて来て良かった~。
imgp1928_202402152158556d6.jpg

つづく。

編集 / 2024.02.09 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
新しい登山靴とザック
カテゴリ: 登山
10/1 新しい登山靴とザック

栄の「L.L.bean」で新しい登山靴とザックを購入しました。
DSC_0013_20231014070547e0a.jpg

2年前の夏(2021.07)に東北の早池峰山へ登山に行った時に、下山中に強迫性障害の発作に囚われ、2時間半のところを5時間かかって下山、しかも半分は人の手を借りてでした。それ以来ずっと山へ行くのが怖くなってしまっていましたが、最近なんとか山へ行く意欲を取り戻しつつあります。
ちょうどザックや登山靴が劣化して来ていたので、ここで心機一転も兼ね新調しました。
中高年の単独行での遭難のニュースや熊の被害も多いので気を付けます。

編集 / 2023.10.01 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
伊吹薬草ソフトクリーム②
カテゴリ: 登山
8/5② 伊吹薬草ソフトクリーム②

この時間帯は霧が立ち込めていましたが、一瞬晴れた合間に「琵琶湖」の眺望が楽しめました。
DSC_0209_20230823192357cca.jpg

「伊吹山寺覚心堂」。
一昨年ここで購入したお守りを納めて新しいのをいただきました。
IMGP0303_20230823192401a5d.jpg

「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)像」(12:20到着)。
IMGP0306_2023082319241782d.jpg

売店エビスヤでいつもの「伊吹そば」!山菜たっぷり。芥子菜と山くらげがいいんですよね。
DSC_0165_20230823192355f4b.jpg

山小屋のスタンプを借りて「暑中見舞いはがき」を作成。
IMGP0309_20230823192420680.jpg

この辺りは「シシウド」が盛り。
IMGP0318_20230823192420687.jpg

「メタカラコウ」。
IMGP0326_20230823192423125.jpg

「一等三角点」。日本に370ヶ所あるうちの一つ。
IMGP0401_20230823192423bd4.jpg

「ルリトラノオ」(伊吹山固有種)。
IMGP0418_202308231925151d0.jpg

「サラシナショウマ」。
IMGP0439_20230823192517e1e.jpg

下り専用の「東登山道」。こっちも通ったことがなかったので初めて。
(画像左、山小屋荷物用のモノレールがここに通っていたんですね)。
IMGP0441.jpg

「伊吹薬草ソフトクリーム」。
クマザサ、オオバコ、ビワの葉など23種類の薬草を粉にして練り込んだソフトクリーム。暑さで溶けるのが早くゆっくり味わえませんでしたが、後味はドクダミでした。
DSC_0225_202308231924014fc.jpg

16:05 スカイテラス発のバスに乗って米原駅へと向かいました。
下りのドライブウェイのバスから写した伊吹山。来年は下から歩いて登りたい。
IMGP0491_20230824213939b99.jpg

*****

この伊吹山の記事を作成しながら、先日テレビ録画した「西村京太郎サスペンス キャリア探偵日菜子の調査ファイル」(2003年)を見てたら、懐かしの「上原美佐」さんが出演していて、「今どうしてる?」とググったら、なんと上原さんの出身地が「滋賀県米原市(旧坂田郡伊吹町)」と記されていました。この偶然にビックリ!
上原さんは2015年に芸能界を引退されたようです。
DSC_0097_20230824213936ffb.jpg

編集 / 2023.08.05 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
伊吹薬草ソフトクリーム①
カテゴリ: 登山
8/5① 伊吹薬草ソフトクリーム①

米原駅(10:10到着)。ここから伊吹山行きのバスに乗ります。
IMGP0202_20230823190340292.jpg

この夏に2年ぶりに伊吹山登山を予定していましたが、7/12の大雨で登山道が土砂崩れで通行不可中。
IMGP0199_2023082319033783c.jpg

なので今回は米原駅から「伊吹山ドライブウェイ」で山頂駐車場まで行き、そこから頂上周辺をハイキング。
IMGP0204_20230823190340a08.jpg

「伊吹山ドライブウェイ」のゲート。
IMGP0211_20230823190343acb.jpg

クネクネの急勾配の道を上って行きます。
IMGP0216_20230823190343b3d.jpg

このドライブウェイ、全長17kmと結構長いんですよね。
子供の頃、家族でドライブに来て僕も妹も車酔いして道路わきで吐いたことを憶えています。
IMGP0234_202308231904217ed.jpg

山頂駐車場(11:45到着)。
観光バスがたくさん来ていました。この時間霧に覆われていました。
IMGP0238_20230823190424fbd.jpg

駐車場からは3本の登山道があり今回は「西登山道」から(山頂まで40分)。
伊吹山へは20回以上登山で来てますが、こっち側へは来たことがないので初めてのルート(11:50出発)。
IMGP0249_202308231904276b8.jpg

「キオン」が斜面を覆っていました。
IMGP0257_20230823190427043.jpg

「伊吹山もりびとの会」が管理するお花畑がいい感じでした。
「コオニユリ」・「シモツケソウ」。
DSC_0143~2

「クガイソウ」。
IMGP0272_20230823190513d72.jpg

20年くらい前は頂上付近はどこもこんな感じでしたが、鹿の食害で荒れ果て、その後の保護活動でネット柵で囲われた場所のみ再生してこうしてお花畑を見られるようになりました。
IMGP0281_20230823190513686.jpg

次へ。

編集 / 2023.08.05 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
白馬錦
カテゴリ: 登山
5/27&28 白馬錦

山岳会の先輩の白馬村の別荘でバーベキュー。
DSC_0065_202306012256354a4.jpg

創立1958年の愛知県山岳連盟加盟の山岳会でしたが2017年に解散。
今回はこの別荘の持ち主のHさんからの声かけで現在もつながりのあるメンバー8名が集まりました。
DSC_0075_2023060122564072a.jpg

ぼくがいちばん若いというくらい平均年齢が高く、あまり脂っこいカルビとかではなくて信州牛のステーキ肉がドカンと。
DSC_0070_202306012256378ac.jpg

信州牛メチャ美味しかったです!地元のクレソンも。
DSC_0073_20230601225640af1.jpg

みんなでいろーんな話をしてゆったりとした時間を楽しみました。
久しぶりに飲んだ地酒「白馬錦」(純米)も美味しかった。
DSC_0087_20230601225643981.jpg

帰路、駒ケ根SAから見た中央アルプスの「仙崖嶺~南駒ケ岳~赤椰岳」。
2010年にWTさんと二人で「伊那川ダム~越百山~仙崖嶺~南駒ケ岳~赤椰岳~空木岳~伊那川ダム」へ行った時のことを思い出しました(「空木岳①」)。ぼくもそろそろ登山活動復活しなければなあ。
DSC_0102_20230601225711c35.jpg


編集 / 2023.05.28 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
7回忌
カテゴリ: 登山
1/29② 7回忌

今日は山岳会の先輩のWTさんの命日でもう7回忌。
ぼくより1歳年上で48歳の時に亡くなられました。

WTさんとの登山での思い出はたくさんあるんですが、今回は「教訓話」を一つ。

2003年12月31日~2004年1月2日         
31日:美しの森P(10:40)~出合小屋(13:00)
 1日:出合小屋(4:30)~天狗尾根(6:30)~カニのハサミ(8:30)~大天狗(10:15)~小天狗~稜線(11:12)~キレット小屋(12:00)~ツルネ~ツルネ東陵~出合小屋(14:10)
 2日:出合小屋(6:50)~美し森P(8:30)

WTさんと二人で「赤岳 天狗尾根」に行った時のこと。
ザイルをつないでぼくが先行して雪の尾根を登り、難関の「カニのハサミ」もぼくのリードで突破し、目的の「大天狗」も通過。そこで気を抜いてしまったぼくは「もうザイルを外しましょう」と言うと、WTさんが「ここのルートではここから簡単になるけど、他の所と比べるとまだまだ危ない所があるから」とザイルを外すのは止め、そこからはWTさんが先行。
その先でぼくが落ちてWTさんがザイルで止めてくれました(汗)、死んでたかもしれませんでした。
「最後まで気を抜かないように」という教訓話でした。
あの日は1日約10時間行動でヘトヘトでテントにたどり着いたのを覚えています。でもその後は酒盛りでした。
<「小天狗」のをバックに記念撮影をするWTさん>
DSC00006.jpg

もうひとつ。
ぼくが「チアドラゴンズ」に突然ハマった時に、WTさんは少し冷ややかな目で見ていましたが、その後WTさんが「Pafume」のファンになってコンサートに各地へ行くようになると、「〇〇くんの気持ちが分かった」と言ったりしていました(かしゆかのファンでした)。


編集 / 2023.01.29 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
山の日(令和4年)
カテゴリ: 登山
8/11 山の日(令和4年)

今日は「山の日」(令和4年)。
夏山用の登山靴を出してきて手入れをしました。
DSC_0017_202208210742284dc.jpg
昨年7月に行った「早池峰山」の登山中に強迫性障害の大きな発作が起きてから1年以上も山とは遠ざかっています。いつかケガをしたり体を壊して山へ行くことが出来なくなる日が来るかもしれないと思っていましたが、メンタルの方で行けなくなるとは思ってもみませんでした。
昨年7月から年末まで日常生活の中でもかなり苦しい状況が続きましたが、年明けから回復の兆しが見え、最近では一番ひどかった時を10とすると2か3ぐらいにはなっています。ほぼ大丈夫ですがいつぶり返すかもしれないという恐れもあるので、まだしばらくは山行は見合わせたいと思いますが、体作りは始めたいと思います。

編集 / 2022.08.11 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
早池峰山⑤
カテゴリ: 登山
7/22&23 早池峰山⑤

車の運転はなんとか普通に出来て、駅前でレンタカーを返却して、「新花巻駅」到着(17:15)。花巻のこども園の「七夕飾り」が飾られていました。
DSC_3412.jpg

駅に「花巻観光センター」というのがあったので寄ってみると、「花巻温泉郷」の大きな表示があり、温泉の紹介コーナーと思って奥の部屋へ入ると。
DSC_3414.jpg

花巻市にゆかりのあるプロ野球選手(主に「花巻東高校」出身)についての展示があり、
DSC_3417.jpg

現在MLBで活躍する大谷翔平投手や菊池雄星投手のサインやユニホームやグラブやシューズなどがありました。
DSC_3418.jpg

新花巻駅発(18:42)、盛岡駅乗換、「八戸駅」到着(20:12)。
駅からすぐ近くのホテルにチェックインし、お風呂に入ってすぐに寝ました。
DSC_3427.jpg

翌朝、ホテルの部屋から見る八戸市街。
今日は計画では八戸駅発のバスに乗って「奥入瀬渓谷」へ行き観光、そして「十和田湖」湖畔のホテルに1泊する予定でしたが、昨日のこともありすべてキャンセルして名古屋へ帰ることにしました。
DSC_3431.jpg

ホテルの朝食のお味噌汁、「三陸わかめ」たっぷりでした。
DSC_3433.jpg

「八戸駅」(09:30)。
八戸駅発(10:17)、東京駅乗換、名古屋着(15:09)。
DSC_3435.jpg

八戸駅で買った駅弁「三沢八戸弁当」。新幹線戦の中では食べることなく自宅まで持って来ました。
三沢沖地域ブランド「昼イカ・赤とんぼ」と、八戸前沖「銀鯖」が押し寿司のようになっていました。イカのワタまで付いていたり、味も内容も盛り付けも充実、これまでぼくが食べた駅弁の中でトップクラスでした。
今回の旅行では訪れた地域の食べ物にあまり触れられませんでしたが、これで大満足出来ました。
DSC_3442.jpg


編集 / 2021.07.23 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
早池峰山④
カテゴリ: 登山
7/22③ 早池峰山④

下山開始(10:20)。「コバイケイソウ」(小梅蕙草)の群落。
IMGP2750_20210807135335dff.jpg

「ヨツバシオガマ」(四葉塩釜)。
IMGP2830_2021080713533604f.jpg

「御田植場」を通過。
IMGP2844_2021080713533740d.jpg

「ハヤチネウスユキソウ」のシャープなタイプの方。
IMGP2880_202108071353399fb.jpg

「イブキジャコウソウ」(伊吹麝香草)。伊吹山の名が付く花をここでも見ることが出来ました。
IMGP2888_20210807135340b3d.jpg

下りも蛇紋岩に苦労しました(1回だけ派手に滑って転びました)。
IMGP2894_20210807135411192.jpg

下りの途中で持病の「強迫性障害」の発作が出て、登山道を行ったり来たりしはじめ、気が付くと1時間のところを2時間半もかかってしいまいました。そこからまた同じところを降りては戻りを繰り返し、半分も下りていない地点ですでに14:20・・・。「もうダメだ」と思い下山中の登山者に助けを求め一緒に降りてもらうことに。下記画像のお二人に助けてもらいました。
IMGP2895_20210807135412363.jpg

「小田越登山口」(15:40)。ここまで2時間で降りて来られるところですが、5時間もかかってしまいました。
IMGP2900.jpg

ここから本来なら舗装道を30分歩くのですが、先ほどの二人に勧められジャンボタクシーにまで同乗させてもらいました。
「河原坊登山口駐車場」(16:10)。
IMGP2904_20210807135415663.jpg

つづく
編集 / 2021.07.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
早池峰山③
カテゴリ: 登山
7/22② 早池峰山③

「五合目」(8:15)。早池峰山は火山ではなく海底が隆起した「隆起準平原」。
IMGP2698_20210807124014694.jpg

ここからは「ハヤチネウスユキソウ」のコーナー。
「クジャクチョウ」が止まっているところ。
IMGP2713_20210807124015858.jpg

「薄雪草」ってこの花をよく表した本当にいい名前ですね。
DSC_3407a.jpg

日本の「エーデルワイス」とも呼ばれていて、♪「エーデルワイス」と言えば、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の劇中歌。「Edelweiss, edelweiss Every morning you greet me Small and white, clean and bright You look happy to meet me」って中学校の音楽の授業で習った記憶が。
imgp2719DSC_3409a.jpg

清々しくて可憐だ~。朝露の雫もいい感じ。
IMGP2721_20210807124112f3c.jpg

「天狗の滑り岩」の鉄梯子。梯子以外の所に足を置くと蛇紋岩で滑るので注意。
IMGP2728_20210807124114c5a.jpg

岩場をぐんぐん登って行きます。
IMGP2737_202108071241295ac.jpg

「剣ケ峰分岐」(9:05)。
IMGP2738_202108071242044c3.jpg

稜線に出るとお花畑が広がっている所があり、登りの斜面とはまた異なる花たちが咲いていました。
ヨツバシオガマ、イワオトギリなど赤・黄・白・青など彩り豊かでした。
IMGP2743_20210807124205999.jpg

頂上まであと少し。
IMGP2746_20210807124207472.jpg

「早池峰山頂避難小屋」。*避難小屋なので緊急以外は宿泊不可。
IMGP2751_202108071242088fb.jpg

「早池峰山頂」(9:25)。宝剣が至る所に立ててあり、朱色の祠がありました。
*3時間の予定が4時間かかってしまいました。理由は下山のページでお話します。
IMGP2754_20210807124210c7a.jpg

またひとつ目的の山の頂上を踏むことが出来ました!様々なことに感謝!
IMGP2792.jpg

山頂付近は霧に包まれ眺望を楽しむことは出来ませんでした。
避難小屋でスタンプを借りて、「暑中見舞いはがき」に押しました。WTさんのカラビナも一緒。
IMGP2793_20210807124230cd7.jpg

つづく。
編集 / 2021.07.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
早池峰山②
カテゴリ: 登山
7/22① 早池峰山②

起床(4:00)、河原坊登山口出発(5:25)、舗装路を歩き、小田越登山口到着(6:00)。蛇紋岩の石塔。
IMGP2576.jpg

小休止後、小田越登山道へ(6:15)。木道から始まり、緩やかな登りが続く。
IMGP2582_202108070815042b0.jpg

一合目(6:55)。森林限界を超え、岩山とハイマツの緑が見えて来ました。
IMGP2601.jpg

振り返ると雲海が見えました。お天気に恵まれて良かった。
IMGP2606_20210807081507b95.jpg

「蛇紋岩」の露頭。表面が風化しているためよくある岩のようですが、マグネシウムなどの重金属を多く含む特異な岩石だそうです。
IMGP2655_202108070815476c1.jpg

登山道の人が踏んで表面が擦れた蛇紋岩。テカテカで蛇の皮のような模様が見えました。これがとても滑りやすく注意して歩かないといけませんでした。雨が降ったりして濡れると相当滑るそうです。
IMGP2616_2021080708150801b.jpg

「ナンブトウウチソウ」(南部唐打草):早池峰山固有種。
IMGP2671_20210807081548540.jpg

「チシマフウロ」(千島風露)
IMGP2680_202108070815492d4.jpg

「ミヤマオダマキ」(深山苧環)
IMGP2705_202108070816151a1.jpg

「,ホソバツメクサ」 (細葉爪草)
IMGP2690_2021080708155233b.jpg

そして今回の登山の目的の「ハヤチネウスユキソウ」(早池峰薄雪草)。
IMGP2692_20210807081614350.jpg

蛇紋岩の岩礫地に「ハヤチネウスユキソウ」が群生していました。
IMGP2682_202108070815517d7.jpg

つづく。
編集 / 2021.07.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
早池峰山①
カテゴリ: 登山
7/21 早池峰山①

東海道新幹線「のぞみ206号」:名古屋駅(7:31)~東京駅(9:09)
東北新幹線「やまびこ55号」:東京駅(9:40)~新花巻(12:41)
DSC_3326.jpg

駅前でレンターを借りて、途中の道の駅に寄ったりしながら1時間30分ほど走り、「河原坊登山口駐車場」(14:25)に到着。ここで標高1,050m。
DSC_3327.jpg

今回の登山の目的の山は北上山地の最高峰「早池峰山」(ハヤチネサン)。
「日本百名山」のひとつ。3年前に行く準備をしていたら膝を痛め中止、昨年はコロナ禍、今年はワンチャンで来ました。
DSC_3334.jpg

「インフォメーションボード」には現在花盛りの高山植物の名前がたくさん書いてありました。高山植物が豊富な山で「花の百名山」のひとつ。
DSC_3341.jpg

「早池峰自然保護センター」は早池峰国定公園について展示した施設。
展示されている山のジオラマを使って今回のルートなどを説明すると、
夏場は一般車の「車両交通規制」が5:00~13:00まであるため、ふもとの岳駐車場からの「早池峰登山シャトルバス」を利用して、河原坊登山口か小田越登山口へ向かうのが一般的。
しかし今夏はコロナ禍でシャトルバスが運休、そして「河原坊登山道」が崩落し通行止めのため、5:00~13:00の時間帯を外して車で河原坊登山口駐車場へ(小田越登山口は駐車禁止)。ここからの小田越登山口まで40分ほどの舗装路を歩いて「小田越登山道」を登ります(地元タクシーは規制時間帯も乗り入れ可能で小田越登山口まで送迎可能)。
*ジオラマの縦の2本の左側の道の下が現在地の河原坊。この左側の道が登れないので、右の方の小田越へ行って右の道から頂上へ。そして同じ道を戻って来るというコース。
DSC_3351.jpg

早池峰山の「蛇紋岩帯」のみに生育する「ハヤチネウスユキソウ」。
これが目当てで日本中から登山者が集まってくるところ。ぼくもそうです。
DSC_3352.jpg

道の駅で買った「ハヤチネウスユキソウ」がラベルに描かれた地元のブドウ園が作ったエーデルワインと、
米沢牛を使った「三味 牛肉どまん中」、甘辛醤油味・しお味・みそ味の三種の味が楽しめる駅弁で、車中で晩御飯。(16:15)。
DSC_3358.jpg

21:00、飲み始めたのが早かったのでゴロゴロだらりと1本空けてしまいました。そして車中泊、就寝。
DSC_3394.jpg

つづく。

編集 / 2021.07.21 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
伊吹麝香草②
カテゴリ: 登山
7/17② 伊吹麝香草②

「ヤマトタケル像」。古事記に登場する「日本武尊」(ヤマトタケルノミコト)は、熱田神宮から伊吹山の神を征伐に向かいますが、草薙剣(クサナギノツルギ)を持っておらず、白いイノシシと化した伊吹山の神に敗れ重傷を負い、それが原因で亡くなったと言われています。日本各地にヤマトタケルを称える像はたくさんありますが、敗れた地に建つ像はこれのみのはず。
aRIMG3271.jpg

「伊吹そば」。これもいつもの楽しみ。山菜が美味しい。
DSC_0338_202108010906545ad.jpg

「伊吹風露」(イブキフウロ)。伊吹山の固有種。
RIMG3276.jpg

「伊吹虎尾」(イブキトラノオ)。これも「イブキ」と名の付く代表的な花。
RIMG3278.jpg

「深山小薊」(ミヤマコアザミ)。今日の頂上のお花畑の主役はミヤマコアザミでした。夏の花はまだこれから。
RIMG3280.jpg

「濃尾平野」方面への眺望。いつもの通勤途中で見ている伊吹山を今日は逆から。
RIMG3285.jpg

「伊吹麝香草」(イブキジャコウソウ)
RIMG3290.jpg

「伊吹麝香草」の白花。
RIMG3294.jpg

13:15 「伊吹山寺」の横へ戻ると、WTさんの奥さん(この方も山岳会のOB)も「途中で降りるかも」と言ってましたが1時間遅れでもしっかり登って来ていました。
rimg3300DSC_0346.jpg

かわいい「白いイノシシ」が描かれている看板。ヤマトタケルを倒したとされる伊吹山の荒ぶる神の化身の白い猪。
伊吹牛乳で作られた「伊吹プリン」もいただきました。
rimg3301DSC_0350.jpg

画像は逆光でイマイチですが、今日は琵琶湖の眺望が最高に良かったです!
13:40同じルートで下山開始。15:55登山口に無事到着。近江長岡駅から電車に乗りました。
RIMG3299.jpg



編集 / 2021.07.17 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
伊吹麝香草①
カテゴリ: 登山
7/17① 伊吹麝香草①

毎年恒例の「伊吹山」登山。8:35スタート
RIMG3226.jpg

今日のメンバーは山岳会の先輩のUTさんとWT夫妻。
RIMG3231.jpg

「風露」(フウロ)
RIMG3243.jpg

「撫子」(ナデシコ)
RIMG3248.jpg

「夕菅」(ユウスゲ)
RIMG3249.jpg

「3合目」、10:00通過。梅雨明けでお天気は最高!
RIMG3252.jpg

「5合目」、10:35通過。何千年か何万年か前に崩壊して出来たとされる南斜面を登って行きます。
RIMG3259.jpg

「8合目」、11:25通過。最後の急勾配。
RIMG3262.jpg

「9合目」、11:45。米原・長浜・彦根方面と「琵琶湖」がよく見え、今日は対岸まで見えました。
rimg3263.jpg

「伊吹山寺」。11:55到着。
RIMG3266.jpg

登山者が多いのではぐれた場合の集合場所としていたお寺の横でさっそく1杯。
RIMG3269.jpg

つづく。
編集 / 2021.07.17 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
各務原アルプス(金毘羅山・明王山・城山)
カテゴリ: 登山
4/3 各務原アルプス(金毘羅山・明王山・城山)

「各務原アルプス」
岐阜市北部から愛知県犬山市にかけて、およそ40kmに渡って東西に連なる丘陵地帯で、岐阜県各務原市の北部の山並みの通称(関市側からは「関南アルプス」と呼ばれる)。
RIMG3175.jpg

主な山は「城山・明王山・金毘羅山・迫間山・金山・向山・岐阜権現山・北山・各務原権現山」。
今回は各務原公園から東側の「金毘羅山・明王山・城山(猿啄城)」への往復。
RIMG3018.jpg

8:45出発。昨年9月に骨折して以来の登山で、出だし少し緊張していましたが、登山道わきのミツバツツジが満開で鮮やかな色が気持ちを明るくしてくれました。山岳会の先輩WMさんと一緒に。
rimg3025.jpg

9:25「金毘羅山」を通過。
RIMG3046.jpg

この辺りは自然林で山桜がたくさん咲いている様子が見られました。
RIMG3052.jpg

9:35「明王山」到着。ここで小休止。
RIMG3054.jpg

西側への眺望。曇ってていまいちでしたが、伊吹山や金華山(岐阜城)がなんとなく分かりました。
RIMG3069.jpg

北側への眺望。岐阜県関市方面、手前が関工業団地。天気が良ければ正面に鷲ヶ岳や瓢ヶ岳、右奥方向には北アルプスが見えるそうです。ぼくの実家の辺りも一応確認できました。
RIMG3070.jpg

ミツバツツジのピンクから、ヒカゲツツジのイエローへと変わりました。
RIMG3076.jpg

南側への眺望。中央に流れるのが木曽川。画像中央の緑の高台に犬山城。画像左上には小牧城のある小牧山。その奥に名古屋駅の高層ビル街が見えます。戦国時代に「小牧長久手の戦い」で徳川家康と豊臣秀吉が対峙した辺り。
RIMG3106.jpg

イワカガミもあちこちで見られました。
RIMG3099.jpg

10:30「城山」。山頂には戦国時代に「猿啄城」(さるばみじょう)があったとされ、展望台が設けてありました。
RIMG3120.jpg

展望台から南への眺め。木曽川を挟んで愛知県(尾張)と岐阜県(美濃)の県境。
rimg3123.jpg

明王山へと同じ道を戻り、そこからは「迫間不動尊」の方へと下りました。
平安時代から続く信仰の場だそうで、今日も多くの人が訪れていて、ここにこういった場所があるとは知りませんでした。
RIMG3155.jpg

「関はさま農産物直売所」という店があり、並んでいる山菜の中にコシアブラがありました。
12:45 各務原公園駐車場着。軽いいい運動になりました。
RIMG3162.jpg


編集 / 2021.04.03 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
美ヶ原・霧ヶ峰(敗退)②
カテゴリ: 登山
9/20 美ヶ原・霧ヶ峰(敗退)②

5:00 起床、朝食を済ませテントを撤収して、6:30 和田峠の駐車場へ。6:40 駐車場着。
RIMG2584.jpg

計画ではここから霧ヶ峰の車山まで往復する予定でしたが、WMさんが膝が痛むということで、ぼくだけ歩きで山を越えて、WMさんはビーナスラインを車で八島湿原まで行き、そこで合流して車山を目指すということになりました。
RIMG2588.jpg

6:55 出発。最近全国的に熊との遭遇による事故や目撃情報が毎日のように伝えられていて、これまでクマ避けの鈴は反対派だったんだけど、さすがに付けるようにしました。登山ショップで2100円もしましたが、とてもいい響きでしかも遠くまで届きました。
RIMG2597.jpg

「ヤマトリカブト」
稜線に上がるとトリカブトがあちこちにいっぱい咲いていてこの季節の主役となっていました。一つの株にこれだけたくさんの花を一度に付けてるのも初めて見ました。でも毒のある花に囲まれてなんか微妙な気持ちに。
RIMG2606.jpg

「ミヤマラッキョウ」
この紅紫色もいい感じ。
RIMG2594.jpg

「ハナイカリ」
船の錨のような4本の突起が特徴的。淡黄色がキレイでした。
RIMG2610.jpg

トリカブトは生えている場所によって紫色の濃さが異なりこんなに濃いものも。兜をかぶった兵士というかダースベーダーのようで、とても存在感がありました。
RIMG2617.jpg

霧のかかった笹薮でいつ熊と鉢合わせするかドキドキ。
RIMG2632.jpg

7:50 「鷲ヶ峰」(1798m)頂上。霧に包まれていました。
RIMG2635.jpg

鷲ヶ峰を越えると樹林帯から草原となり、視界も開けてきました
RIMG2646.jpg

やがて「八島湿原」も見えて来ました。
RIMG2666.jpg

「マツムシソウ」
待合せの駐車場まであと300mぐらいのところでこの写真を撮った後、濡れた岩で滑って転倒。
RIMG2688.jpg

8:55 霧ヶ峰の八島湿原の入口に到着。
まだ時間が早く天気も悪いので人はいませんが、ここからの湿原巡りは人気観光スポットです。
RIMG2700.jpg

駐車場でWMさんと合流。さっき転倒して手をついた時に痛めた手首が見る見るうちに腫れあがってきました。痛みはそれほどありませんでしたがこれで登山を続けることは困難だと判断し、協議の結果、今日のこれかの予定も明日の予定も止めて帰ることになりました。2日続けての敗退・・・。
RIMG2701.jpg


編集 / 2020.09.20 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
美ヶ原・霧ヶ峰(敗退)①
カテゴリ: 登山
9/19 美ヶ原・霧ヶ峰(敗退)①

5:30 名古屋発、6:00 稲沢でWMさんをピックアップして一宮ICへ。中央道から長野道へ入って岡谷ICで降りる予定がJCTを行き過ぎてしまい、諏訪ICで出て30分ほどロスして、9:15 目的地の和田峠に到着。
現在は閉鎖されている「国設 和田峠スキー場」の跡地に車を停めました。
RIMG2582.jpg

9:30 出発。
今回の山行は、「1日目:和田峠から美ヶ原への往復。2日目:和田峠から霧ヶ峰への往復。3日目:高ボッチ山」と、WMさんと2泊3日の予定。
RIMG2430.jpg

9:45 和田峠。
「和田峠」は中山道(江戸日本橋と京都三条大橋を内陸経由で結ぶ街道)の最高所地点。
10:15 ここに大きな荷物は置いて、軽い装備で美ヶ原へ向けて出発。
RIMG2436.jpg

10:55 1時間ほど歩くと樹林帯を抜け笹山となって眺望が開けて来ました。
RIMG2469.jpg

三峰山の頂上が見えて来ると、その向こうには北アルプス「穂高連峰」(穂高~槍ヶ岳)の大パノラマが待ち受けていました。
RIMG2475.jpg

南西側を見ると「諏訪湖」と岡谷市街が見えました。
RIMG2480.jpg

11:15 「三峰山」(1887m)。
画像左奥の雲がかかってる辺りが今日の目的地の美ヶ原。
RIMG2484.jpg

扉峠の300mほど手前でビーナスラインに出て車道脇を歩きます。
RIMG2496.jpg

12:40 「扉峠」。
ここから目的地の美ヶ原の王ヶ頭までまだ2時間30分。この時間だと行くことは出来ても和田峠まで戻ることを考えると20:00を過ぎてしまうので、協議の結果ここまでにして引き返すことにしました。
計画を立てたWMさんは以前に和田峠から美ヶ原まで1日で往復した記憶をがあるということでしたが、正直ぼくは最初からここ(扉峠)までだと思っていました。もっと朝早く出発しなくては無理でしたね。
RIMG2499.jpg

14:15 三峰山で休憩中にジャンプ写真に挑戦しましたが、登山靴では思うように足が上げれませんでした。
RIMG2510.jpg

15:10 和田峠到着。
テントを設営してから、お外で山の秋風に当たりながら一杯やりました。
RIMG2539.jpg

16:50 ラジオを選局していたら長谷川さんの「VICTORY~!」という声が聴こえてきて、♪「ダンシングクイーン」も流れて来たので狭いテントの中で腕の振りだけやって、ドラゴンズの勝利をナゴヤドームと分かち合いました。
RIMG2551.jpg

17:20 夕ご飯はタマネギとインゲンとピーマンを炒めて焼き鳥の缶詰をぶっこんで「やきとり丼」とショウガスープ。
RIMG2555.jpg

21:15 お酒を飲んでおしゃべりをして、トイレに外に出ると岡谷市街の夜景が見えました。
RIMG2556.jpg


編集 / 2020.09.19 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TSUBAKURO③
カテゴリ: 登山
8/29 TSUBAKURO③

4:45 起床。テントの外へ出ると明るくなり始めたところでした。遠くに富士山が見え手前の雲海の下には明かりの残る松本の町が見渡せました。
RIMG2265.jpg

5:15 今日のご来光を拝みました。
RIMG2311.jpg

振り返ると昨日は雲に覆われ見られなかった「穂高~槍ヶ岳」の山々がモルゲンロート(朝焼け)に染まっていました。
RIMG2329.jpg

そして燕岳もお目覚めのようでした。
RIMG2327_2020091507542558f.jpg

5:45 燕岳を眺めながらのモーニングコーヒー。このシュラカップは25年以上使っている長年の友。
RIMG2348.jpg

7:10 テントをたたんで下山開始。東側の雲が晴れ奥深い北アルプスの最深部という辺りの山々が見えていました。
画像左奥の双六岳・三俣蓮華岳・黒部五郎岳方面は行ったことがありますが、右手前の鷲羽岳・水晶岳方面へは行ったことがないのでまたどこかで機会がありますように。
RIMG2362.jpg

「トリカブト」(鳥兜)
RIMG2372.jpg

「アザミ」(薊)
RIMG2374.jpg

昨日は足が痛くて楽しめなかったお花畑を鑑賞しながら下山しました。
RIMG2379.jpg

昨年、膝を痛めてから登場したストックが力強い味方。特に荷物が多い時にはあるとないとではこうも違うのかと実感しています(膝はもう大丈夫ですが疲労が蓄積しやすい左足のサポートのため)。
RIMG2397.jpg

今日は土曜なので登ってくる団体さんが多くてすれ違い・譲り合いが面倒でしたが、小学生の子供を伴う家族連れが何組もあって、いい家族だなあと感じました。
RIMG2402.jpg

登山口近くまで下りてくると登山道脇には野イチゴたくさんありました。
RIMG2405.jpg

10:10 登山口到着。「中房温泉」の日帰り温泉に入って名古屋へと帰りました。
RIMG2418.jpg


編集 / 2020.08.29 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TSUBAKURO②
カテゴリ: 登山
8/28② TSUBAKURO②

13:00 テントで2時間近く横になっていたら足の痛みもやわらいで来たので、燕山荘の売店へ行って生ビールとソーセージ。山小屋のスタンプをハガキに押して残暑見舞いをしたためました。
RIMG2033.jpg

13:40 燕岳の方を見ると雲が晴れて来ていい感じになっていました。頂上までここから30分、荷物を持たずゆっくり行けば足も大丈夫。と、テントへ戻って準備して行くことにしました(飲酒したことを忘れてました)が。
RIMG2068.jpg

高山植物Bの女王「コマクサ」(駒草)が咲いていました。山でしか見られない花。
RIMG2071.jpg

全国でも見られる場所が限られているコマクサ。燕岳は大群落地がある山として有名。
RIMG2072.jpg

頂上付近の風化した花崗岩とハイマツ(這末)のコントラストが美しい。ハイマツの香りも漂ってきました。
RIMG2084.jpg

風雪に浸食された奇岩が立ち並ぶここだけにしかない風景。
RIMG2088.jpg

14:05 2,763m、燕岳頂上到着。
ここへ来たのは3回目。1回目は「1998年7月11・12日」、2回目は「2001年8月4・5日」。今は亡きWTさんと来た1回目の時に、WTさんが「ここ景色いいし女の子と来るのにオススメだよ」と言っていたことを思い出し涙が浮かんできました。
RIMG2104.jpg

「イルカ岩」。昔は先っぽまで登れましたが現在は禁止。
RIMG2135.jpg

15:00 テントへ戻り、信州の地酒「岩波」を飲みながらゴロゴロしました。
RIMG2150.jpg

18:30 夕食後テントの外を見ると美しい夕焼けを見ることが出来ました。
RIMG2208.jpg

ラジオで野球中継を聴きながらウイスキーとナッツ&クラッカーで一杯。
RIMG2234.jpg

いつもの星座表を持ち出して星を楽しもうと思いましたが、今日はほぼ満月でこの時間は月が明るすぎて思うように見えなくて諦めて寝ました。
RIMG2241.jpg

つづく。

編集 / 2020.08.28 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

drakitty

Author:drakitty
“Soyez les bienvenus!”
中日ドラゴンズと
チアドラゴンズを応援してます。

FC2カウンター
月別アーカイブ